EOS Kiss X80 EWi-Fi/NFC対応のエントリー向けデジタル一眼レフカメラF-S18-55 IS II レンズキット

   

キヤノンは、デジタル一眼レフカメラの新モデルとして、「EOS Kiss X80」を発表。

ボディ単体、標準ズームレンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II」が付属する「EF-S18-55 IS II レンズキット」を4月14日より発売する。

撮像素子に、有効約1800万画素のCMOSセンサーを装備したエントリーモデル。

映像エンジン「DIGIC 4+」を搭載し、レンズとセンサーが取り入れた膨大な画像情報を高速に処理。

高精細かつ広階調な写真を表現する。

また、常用ISO100〜6400を実現するほか、ISO感度拡張によって、ISO12800相当での高感度撮影も可能だ。

機能面では、モードダイヤルの「かんたん撮影ゾーン」による9つのシーンに応じたオート撮影設定を搭載。

クイック設定機能や機能ガイドなどの初心者向け機能も備えた。

さらに、Wi-Fi/NFCに対応し、iOS/Android向けアプリ「Camera Connect」をインストールしたスマートフォン・タブレットへの画像送信、リモート撮影が可能。

別売りのフォト&ムービーストレージ「Connect Station CS100」と連携して、画像の保存や整理も行なえる。

このほか、動画撮影機能は1920×1080のフルHD解像度に対応。

記録媒体はSD/SDHC/SDXCメモリーカードをサポートする。

視野率約95%、倍率約0.8倍の光学ファインダーや、約92万ドットで広視野角・高輝度の3型液晶モニターも備えた。

電源はバッテリーパック「LP-E10」を使用し、撮影可能枚数の目安が約410枚(ファインダー撮影)/約170枚(ライブビュー撮影)、動画撮影可能時間が約1時間15分(常温)。

本体サイズは、約129(幅)×101.3(高さ)×77.6(奥行)mm、重量は約485g(CIPAガイドラインによる)。

  • 商品価格:53,000円
  • レビュー件数:0件
  • レビュー平均:0(5点満点)
みてほうだい
みてくれの